サイト用日記。YMOとかYMOとか。
カテゴリー内記事一覧
スポンサーサイト
--/--/--
WILD AND MOODY
2009/11/08
20世紀少年-最終章-試写会レポ前編~幸宏的報告書
2009/07/29
「男はソレを我慢できない」竹中直人主演
2009/04/04
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■WILD AND MOODY
2009/11/08 Sunレビュー[幸宏]
幸宏さんのアルバム「WILD AND MOODY」で特にお気に入りの2曲。
ライブ盤もカッコいいーvv



↑最初ラジオ音源とは知らずに聴いて、ちょっとビクッとしましたw


↑細野さんのベースもとてもかっこよいです(*´ω`)
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■20世紀少年-最終章-試写会レポ前編~幸宏的報告書
2009/07/29 Wedレビュー[幸宏]
昨日はひょんなことから、試写会に行ってきました。


事の発端は先週末。
某レンタルショップにて「20世紀少年って、最終章に幸宏さんが出るらしいのよねー。第一章借りてみようかしらー。」と、ローズ(仮)は一枚のDVDを手にしていた。

その時、彼女の携帯電話が鳴った…発信者は友人K(仮)
「来週の火曜日空いてる?『20世紀少年』最終章の試写会に当たったんだけど、行けなくなっちゃって…」
Oh, is it シンパシー!?

そしてその晩、Kとローズは二人で第一章のDVDを見たのだが…
『ともだち』怖っ!!なんてブキミなシネマなのっ!
と、女二人騒ぎながら夜を明かしたのであった。

若干憎らしいことに、第二章レンタル開始は、最終章公開の前日→まだ見られない
その上、試写会はラスト10分をカットしたもの→え、ちょ…

それでも、早く幸宏さんを拝みたいが一心で、単身有楽町に突撃するローズなのであった…。



無駄に長い前置きとなってしまいましたが、「前編」と「後編」に分けて試写会レポをアップします。
まずこの記事:前編では、幸宏さんファンとしての報告です。
ネタバレ要素を含みますので、大丈夫な方のみ追記をお読みください!

[ここから追記、ネタバレ注意!]


幸宏さんの役は、ケンヂ(主人公)の昔のバンド仲間「ビリー」。
昔はベーシストだったが、今は焼き鳥屋の親父。

寡黙で一言も喋らず、ライブシーンの歌以外では口を開かない…なんという和ダンディー。←w
何食わぬ顔で鳥を焼いているが…いつでもバンド復活できるよう、常にベースを部屋に置いている。…なんだこの親父は。カッコイイぞ(*´д`)

衣装もきちんと保存しておいたらしい。ケンヂが戻って三人でのバンドが復活したライブで、ばっちりめかしこんでます。
しかもその衣装…これがまたやたらとキマっているのです。
パンクロック的というか…YMOファンブログ的に言うと、「散開軍服のパンク要素を強めたもの」といった感じ。肩には金チェーンじゃらじゃら、右腕に赤い腕章まで!幸宏さんに似合わない筈が無い。(←贔屓目)

細野さんから教わったというベースですが、これまた素敵に弾きこなしているように見えました。
うんうん。良きかな良きかな。

入場前に渡されたビラに、各登場人物の「原作の絵」と「役者の劇中写真」を並べた一覧があるのですが、原作絵のビリーの目付きが悪くて焦りましたww

話を楽しみがてら幸宏さん目当てで見に行く価値はあるかと思います。
私も多分、映画館で改めて見てしまうかと…w


テキトーに描いたビリー画。(焼き鳥屋の親父バージョン)

しまった、ちょっと若すぎたw

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■「男はソレを我慢できない」竹中直人主演
2009/04/04 Satレビュー[幸宏]
幸宏出演作品!ってことで借りてみました。

男はソレを我慢できない デラックス版 [DVD]

ネタバレしないつもりで隠せてるか微妙な感想は追記にて。例の如く、書くのはほぼ全て、我等が高橋幸宏氏の事ですw


幸宏が…住職!
なんか、イイ!袈裟も似合うなんてっ、なんという素敵ナイスミドル(´д`*)
幸宏住職に座禅で叩かれたi(自主規制←できてない

らいでぃーんなシーンがありますww
幸宏好きだけでなくYMO好きも、見たらきっと楽しいことがあります。
私はその場面で頭痛がするほど笑いました。
幸宏のアレも聞けますしね。「…Rydeenなのに。」って、なんか可愛いですよ幸宏さん、反則ですw
…袈裟にヘッドセットとは新しい。

主演の竹中直人とも昔から交流があるらしい幸宏。
共演楽しかっただろうなー。
終盤のあのシーンの幸宏のノリ方が独特すぎて、「あーやっぱりドラマーは違う!」という妙な関心をしてしまいましたとさ。

若干あほっぽいのはきっとこの作品の味なので、それを受け付けられるなら、元気の出る映画だと思います。
結論…幸宏が今までよりもっと好きになった。
住職に胸キュンってどうなのよ私w
トラックバック(0)+ +コメント(0)
HOME
*Profile

東京ローズⅡ世

Author:東京ローズⅡ世
黄色魔術に魅せられた若造。
本部はこちら
(他所様にお邪魔する時には「東京ローズ二世」と表記することがあります。)

*Category
*最新記事
*最新コメント
*最新トラックバック
*月別アーカイブ
*Link
*Contact
管理人への連絡・メッセージ等は、下記の手段でどうぞ。
* サイトのメールフォーム
* ブログコメント
* 連絡用メールアドレス「tokyo_rose2nd*yahoo.co.jp」(*→@)
*Counter
*フラッシュクロック「傀儡人間」
*ブログ内検索
*RSSリンクの表示
*ブロとも申請フォーム
*QRコード
QRコード
*Analyzer

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。